駿河日記

wataru1978.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 28日

TOM FORD

いま最も興味のあるブランドです。

d0134940_0401361.jpg

こんなご時勢なので手が出ませんけど、新宿伊勢丹で観た限りではかっこよかったです。


世界的な注目度も高いらしく、とある会員誌でも特集が組まれていました。

d0134940_042336.jpg

最も高いスーツを誂ているであろう業界の友人とそんな話をしていたところ、
「ロロ・ピアーナとかゼニアに行って、トムフォードと同じデザインで誂てください」
というのが安上がりでいいんだそうです。

「殆ど変わらないですよ、だって生地は一緒ですから」って。
・・・たしかに,,,(苦笑)


僕は普段スーツは殆ど着ないし金銭的にもムリなので、せめてデニムくらいは欲しいです。
年末の旅行先に売ってれば買おうと思います。85円だし。



デニムと言えば。
こんな空が焼けていた日に・・・

d0134940_0562185.jpg

クローゼットの整理をしました。
もう着なくなった服を売却するためです。
6~7着売って、トムフォードのデニム片足分にもなりません。orz


結構出てきたデニム達。

d0134940_0573347.jpg

しばらくLPFもマックイーンもメゾン系も買えないなぁ(T_T)
[PR]

by dennis_bergkamp | 2009-11-28 01:18 | ファッション
2009年 11月 23日

winding road篇

d0134940_0223298.jpg


風邪をひいてしまい、一日家でゆっくりしていたので山道篇もuploadします。

聞き取り辛いのはかわらないと思いますので、引き続きご容赦ください。。

3分45秒くらいまで、PASMや直噴について話してます。
それ以降はネタ切れで無言です,,,
5分~最後までは帰路の高速映像になってます。
(最後、前3台の強引な割り込みに行き場をなくして仕方なく先頭に...w)


[PR]

by dennis_bergkamp | 2009-11-23 18:08 | クルマ
2009年 11月 22日

Sheer Driving Pleasure

良いときもあれば悪いときもあるのが人生ですが、今はあまり良くない時かもしれません。
なんて話をふみのすけ先生やなおしさんに話してたら、じゃあ寝かせてるボクスターで走れば?!
と言っていただいたので、さっそく走ってきましたw

今回は静止画より動画!
と思ったのでカメラカー的に走ってみました。

ただ走ってるだけの動画っておもしろくないかも。
と思ってたので、しゃべってみましたw

聞き取りづらい! 内容が薄い! というのはご容赦いただいて^^;

お時間ある方は見ていただければ幸いです。
相手なしでしゃべるのって想像以上にタイヘンですね...



【高速篇①】
参加者の紹介とかEVの話をしてます。。






【高速篇②】
最も興味のあるスーパーカーの話をしてます、、





動画って、PCうp→編集→youtubeうp・・・って作業が面倒ですね、、、
次回はワインディング篇をuploadしようと思います。

気力がわけば・・・w
[PR]

by dennis_bergkamp | 2009-11-22 10:13 | クルマ
2009年 11月 20日

EV試乗

今日はEV(電気自動車)を試乗する機会に恵まれました。

運転したのはこれです。

d0134940_23284532.jpg


車重は1630kg、最大トルクは280N・mで来年発売のリーフと同スペックに設定してあるそうです。
動力性能としては3000ccのガソリン車と同等。
ランニングコストは1km走るのに1.2円だそうで、ガソリン車の約1/10です。
1回の充電で航続距離は約160kmらしいので隣町に買い物くらいなら問題ないレベルです。

まず当たり前ですがエンジン(ではないですが)がかかっているのかどうかすらわかりません。
エアコンの音がわずかにするだけで、振動もまったくありません。
走ると風きり音が少しだけプラスされる程度でやはり静かです。
感覚としてはレクサスLSの静かさを1とすると0.1とかそういうレベルでしょうか。
クルマに乗っているという感覚とは少し違う、不思議な感じがしました。

走りはどうか? 試乗コースの性格上60km/hくらいまでしか出せませんでしたが「速い」です。
電気自動車は停車時が最もパワーが出るらしく、出足が内燃機関車とは比較になりません。
さらにトランスミッションが不要のため、完全にシームレスです。
この感覚も不思議で。
抵抗のようなものがまったくなく加速し、アクセルを戻してもエンブレみたいなものは感じません。
新鮮な感覚で「おもしろい」です。

帰りにボクスターに乗って思ったのが、従来のクルマとEVは全く別の乗り物だということです。
馬車→内燃機関車に変わった革命と同じくらいの革命がこれから起こるのだと思います。
開発の方の話では、ランニングコストや環境への負荷という面だけでなく、
速さという面においても内燃機関車とEVでは理論上「勝負にならない」んだそうです。

EVの普及はインフラの普及に依存すると思いますが、それさえ整えばあっという間に
ガソリン車を駆逐してしまう可能性を持っていると思いました。

EVが普及してしまえば、内燃機関車は過去のものになります。
EVが当たり前になると、内燃機関車は毒(排)ガスと騒音を撒き散らす悪の乗り物として
高い税金がかけられるのは容易に想像ができます。

高性能内燃機関車*を楽しむのは、まさに今が最後のチャンスなのかもしれない...
とくだらない妄想をしながら帰路につきました(笑)

*跳ね馬、猛牛、過給器付もしくはGT系カエルのコトw
[PR]

by dennis_bergkamp | 2009-11-20 00:26 | クルマ
2009年 11月 18日

2ペダルMT

自分がクルマを選ぶ上で、これまで3ペダルのMTであることを重要視してきました。
左ハンドルに自信の持てなかった最初の986Sの時はTiptronicでしたが、
RHDに慣れてからは物足りなくなり、1年経たないうちに996のMTに乗換えたほどです。

しかし昨今、スポーツカーのトランスミッションは2ペダルMTが主流です。
方式は各社色々とありますが、よりシームレスなツインクラッチ方式が主流になりつつあるようですね。

で、なぜこんなことを書くかといえば、今後のクルマを考えたときに2ペダルMTを排除すると
一気に選択肢が狭まってしまうという問題に直面します。
欧州は未だに3ペダルが主流のようですが、日本(と北米)は2ペダルが90%を越えています。
故に、スポーツカーといえども3ペダルは輸入されず2ペダルのみということが珍しくありません。
僕は試乗程度にしか2ペダルMTは乗ったことがないのではっきりとはいえないのですが、
楽しさという部分で3ペダルMT>2ペダルMTと感じてしまっています。

そこで色んなクルマに乗られているみなさんにご質問させて戴きたいのですが、
この2ペダルMTは良い! とか 楽しかった!! とか 積極的にMTモードで変速した!!
というのがあったらぜひおしえてください。

ちなみに僕がいちばん長く乗った2ペダルMTはゴルフ5のDSGです。
実に良くできた、素晴らしくシームレスなツインクラッチ式だと思います。
が、90%はATモードで乗ってました^^;
[PR]

by dennis_bergkamp | 2009-11-18 01:48 | クルマ
2009年 11月 13日

R8


僕がいま、もっとも次に乗りたいと思っているクルマがAUDI R8です。

d0134940_23411018.jpg


スパイダーが近々出るということで、あらためてR8を自分なりに咀嚼してみたのですが、
とても理想に近いなと思いました。

スポーツカーらしいスタイル、高速安定性、ある程度の日常性...
かなり高いレベルで満たしてくれそうなクルマです。

d0134940_23515818.jpg

3年後くらいに新車価格*の半分くらいになってればなぁ...と勝手に想像してます(笑)
*写真はV10ですが、もちろんV8です,,,



仲のいい子に「このクルマどう思う?」と画像を見せて訊いたところ...

d0134940_23544431.jpg



「下まつげがかわいいね!」



そうなっちゃいますか... orz
[PR]

by dennis_bergkamp | 2009-11-13 00:05 | クルマ
2009年 11月 11日

佐藤琢磨選手のF1復帰を激しく希望

今年はあまり盛り上がらなかったF1ですが、来年はどうなるのでしょうか。
つい先日toyotaの即時撤退、BSの2010年シーズンでのタイヤ供給停止の発表があり、
日本企業も表に出ているところはいなくなることになります。

ただ個人的にはtoyotaが撤退してもBSがタイヤの供給を停止しても特別な感情を抱くことはありません。
F1ではよくあることですし、再び意義を見出し参戦する日もくるでしょう。
toyotaの撤退とBSの撤退は意味が違いますけども。

そんな僕ですが、ただ1人、来期こそ復帰してもらいたいドライバーがいます。

佐藤琢磨選手
d0134940_2322985.jpg


僕は80年代後半から色んなドライバーを見てきましたが、最も応援しているドライバーです。
当然彼が日本人だというのもあるのですが、彼ほどのファイターはそうはいないというのがその理由です。
特に現代F1において、1位以外は敗者だと心から思っているドライバーは少ないと思います。
(口ではみんなそういいますけど)

いまでもよく覚えているのが2004年のヨーロッパGP。
BARで3位走行中だったタクマはそのまま走っていれば初のポディウムでした。
が、2位のバリケロ(当時フェラーリ)に果敢に仕掛け見事なブレーキングで抜いた...と思ったら、
まさか仕掛けてこないだろうと、ミラーをまったく見ていなかった犬野郎バリケロ*にドアを閉められ、
最終的にはリタイヤしてしまったというレースがありました。
周りは「あれは無謀」とか「3位だったのに勿体無い」とか言ってましたが「あそこは当然行くだろ」
と思っていた僕は、すっかり彼のファンになりました。
皮肉なことに、その時の3位は今年チャンピオンのJBです(さすが抜け目ない・笑)
*当時バリケロはフェラーリの2ndでMシューの言いなりだったので「シューミの飼い犬」と揶揄されてましたw

もう1年半以上レースから遠ざかっているドライバーがF1に復帰するのはかなり困難でしょうが、
来年から新チームも多く加わることですし、なんとかレギュラードライバーに復帰してもらいたいものです。

そしたら行きたいです。ヤス・マリーナ・サーキット!
d0134940_0164922.jpg

[PR]

by dennis_bergkamp | 2009-11-11 00:31 | スポーツ
2009年 11月 05日

Boxster Spyder

d0134940_2143757.jpg


新しいボクスターがLA autoshowで発表されるらしいです。
価格は$61,200~とのこと。日本円で約551万円??
え、そんなに安いんですか???w

かなり軽量化に力を入れているようで、現行のSに対して約80kg軽いとか。
その恩恵で加速は0-62 mphで0.2秒短縮してるそうです。

ケイマンSと同じ320馬力、デイライト・エアコン・ステレオは省かれ、バケットシートが標準...
LSDが、all newスポーツサスペンションが装着され車高が20mm低くなる...
GT3RSの軽量ドアパネル、エクスクルーシブwheelを採用...
リアのスタイルがユニークになる...

英語が嫌いなので、訳すのが面倒ですw


要は特別仕様車ですね。
2010年2月に発売される予定のようです。
日本で発売するのでしょうか?

なんとなく996 turboを連想させるフロントはカッコイイかも。
wheelもスッキリしていて好感が持てます。
雨が少ないところ向きでしょうか?

やっぱりオープンはいいです^^
[PR]

by dennis_bergkamp | 2009-11-05 22:00 | クルマ