駿河日記

wataru1978.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 30日

アイシテル -海容-

【海容】
(海が広く物を容(い)れるように)寛大な心で、人の過失を許すこと。

久々に色々と深く考えさえられる漫画に出逢いました。
d0134940_23501258.jpg

ドラマでもなかなか人気があったようです。

人間生きていれば、ヒドイことされたとか、強烈にムカつくことってありますよね。
真に「赦す」ってなかなかできないことだと思います。
表面的に赦しているように見えても、心から赦すことってとても困難で。

新約聖書のこの言葉も有名です。
「汝らのうち罪なき者、石もて打て」 ヨハネ福音書8章7節

僕は釈迦とキリストの考え方が好きで、2人には共通点も多く尊敬しています。
彼らは29歳とか30歳で旅に出ています。
そういえば孔子も「三十而立(三十にして立つ)」といってますし、親鸞も29歳で...
30歳前後ってそういう転機が訪れる時期なのですね。

30歳で「慣らしがオワタ!」とか言っちゃってる僕って、、、orz
(1,000km到達してないですが、シフトミスで7,000近くまで回しちゃったので・爆)
[PR]

by dennis_bergkamp | 2009-06-30 01:14 | 一般的な話題
2009年 06月 21日

996GT3用シート換装

以前から996GT3シートのカタチがかっこよくて好きだったので987に取り付けました。
d0134940_9442266.jpg


同じポルシェ純正だし簡単につくかなと思っていたのですが意外と難儀で。
ポルシェ専門店のジュビリーというお店でやって戴きました。
テクニカルメイトというポルシェの中古屋さんと業務提携しているとのことで、でかい工場を持っています。
996と997、986と987はこちらの想像以上に部品の互換性がないのですね。
(それだけ進化してるということだと思いますが...)
シートレールもポン付けできないとのことで、レカロフレームをベースに加工して取付けてもらいました。
d0134940_1016914.jpg

オープン状態のとき、カッコよく見えるのがいちばんの利点ですかね^^;
乗降性↓↓ホールド感↑。(これ以上太っちゃうとマズイです・笑)
シートポジションは純正の一番下の状態よりやや高めでしょうか。
アイポイントがあまり低いのは好きではないので、まずまずです。


ところで後期型にはデイライトがついているのですが、日本仕様ではHomeのときしか点灯しません。
d0134940_10122220.jpg

これはもったいないので、なんとか欧米と同じようにデイライト化したいのですが、
どうやらCPUで管理しているらしく、素人では手が出ません。orz
d0134940_10124091.jpg

かなり明るめなライトです。
[PR]

by dennis_bergkamp | 2009-06-21 10:12 | クルマ
2009年 06月 20日

ポルシェパレードに参加

先日、993C4S乗りの方を通じてGPC(ギョーカイポルシェクラブ)に参加させていただきました。
ギョーカイとは自動車業界のことなので、僕も一応関係者ではあります。
とは言っても、殆どが有名雑誌の編集長さんや自動車ジャーナリストの方々。
僕のポジショニングは限りなく素人に近い関係者といったところです。

まずはお馴染みのSAに集合。
その後、ターンパイクを経て箱根を疾走しました。
d0134940_2381086.jpg

休憩地ではクルマ談義。「そうなんですか~!」「えぇ、そうなっちゃいます?」
というような話もあったりで、とてもおもしろかったです。

そうこうしているうちにFSWに到着。
PJの方にクリスタルルームに招いて戴き、食事をとりながらカレラカップを観戦。
d0134940_2422297.jpg

F1の前座レースで見たときはあまり感じなかったのですが、近くでみるとやはり迫力満点でした。

レース終了後、しばし撮影タイム。かの有名な吉田匠さんのケロヨン号も近くでみることができました。
d0134940_2472364.jpg

その後、再びクリスタルルームでパレードラン諸法度が影山正美さんより口伝されます。

そしていよいよパレードランがスタート!

影山さんのカップカーを先頭にFSWを3周しました。
FSW初走行でしたが、グランツーリスモでなんとなくコースレイアウトは憶えていました。
でも当たり前ですが、ゲームとは全然違いますね。リアルワールドでF1コースを走れて感激でした。

紺ガエルさん、PJ広報部の方、一緒に参加された方、とても貴重な体験をありがとうございました!!
[PR]

by dennis_bergkamp | 2009-06-20 02:59 | クルマ
2009年 06月 16日

生産地

ボクスターとケイマンはヴァルメット社が組み立てていましたが、俗に言うリーマンショック以来、
販売の減少に伴い生産工場を本社ツッフェンハウゼンに戻したと聞いていました。

それで今回納車されたクルマのVINコードを見てみると・・・11桁目が「S」になっています。
StuttgartのSです。やはり戻されていたのですね。
ヴァルメット社製は工場があるウウシカウプンキ(Uusikaupunki)の頭文字「U」。
ちなみにカイエンとパナメーラはライプツィヒ(Leipzig)の「L」とのことです。
こういうのって結構話題になったりしがちですが、違いは受取側の気分的なものでしかないと思います。
かつてメルセデスをポルシェのラインでつくっていた時期があり、そのポルシェのラインで生産された
メルセデスは人気があったとかもあったようですが製品の性能は変わらないはずです。


ところで後期型の感想を書いてなかったのでフラッシュレポート(走行500km)です。
まずエンジン音がかなり静かになりました。寂しいくらい(笑)
911も直噴になってそう感じたので、ある程度予想はできていたことですが。
スポーツエグゾーストが出たら、きっと換えてしまいそうな気が早くもしています^^;

あとは、まだ4,500回転くらいまでしか回してないのではっきりとは言えないですが、
回転の上昇がスムーズになったと思います。かなりシャープに気持ちよく加速して行きます。
これもカレラの前期、後期で感じた違いでした。

その他の部分はそんなに大きく変わっていないと今のところは思っています。
987S(6MT)の場合はエンジンの直噴化が最大の変更点なので当たり前なのでしょうけど・・・
もう少し走ったらさらにレポートしたいと思います。


追伸
mokuさん写真をありがとうございました!!
d0134940_1495376.jpg

[PR]

by dennis_bergkamp | 2009-06-16 01:50 | クルマ
2009年 06月 14日

納車のご報告

後期型987が無事納車になりました。
お忙しい中、お越しくださったセイウチさん・mokuさんありがとうございました。
とてもとてもうれしかったです。
d0134940_1113913.jpg


駅からPCまでセイウチさんにこのクルマで迎えに来ていただきました。
何から何まで本当にありがとうございます。
d0134940_1133516.jpg

55年前のクルマとは思えない加速で、素晴らしい体験をさせていただきました。
僕が最も感動したのはこのデザインです。美しい...


そしてお昼を食べた後、914に乗換えたセイウチさんに少しだけ慣らしに付き合っていただきました。
慣らしが終わったら、ぜひ試乗してやってください。
d0134940_1245076.jpg

またこうしてボクスターに還ってこれたのはひとえにみなさまに暖かい言葉をかけて戴いたからです。
今後ともよろしくお願いします。


余談ですが、今回のナンバーはこのクルマにインスピレーションを感じたので718としました。
ヒーレー同様、この時代のクルマは本当にかっこいいと思います。
d0134940_1345337.jpg

左上・・・Porsche「718 W-RS Spyder」(1962)
右上と下・・・Porsche「718 RS 60 Spyder」(1960)
[PR]

by dennis_bergkamp | 2009-06-14 01:34 | クルマ
2009年 06月 10日

ボクスターに還る日

6/13にボクスターが納車になります。
あれから約7ヶ月。振り返っても長い日々でした。
これまでと少し違うのは、今回のは自分でオーダーしたことです。
今までは在庫車の中から選んでいました。

ただどちらがいいかはなんとも言えず、一長一短です。
すぐに乗れる在庫車はそれだけで価値があり、オーダー車はオリジナル感が醸成されます。
何はともあれ今週土曜には待ちわびたボクスターに乗ることができる...それだけで顔が綻びます。
d0134940_1532610.jpg


と同時にBCNR33を実家においてきました。
3ヶ月で4,000km走行したことになります。
d0134940_15585.jpg

とてもよくできたクルマで、買って本当に良かったと思っています。
これからもメンテナンスをしつつ、弱点を補強して行こうと思っています。

いずれにしても、これまで以上に走りに行ってください!
[PR]

by dennis_bergkamp | 2009-06-10 01:59 | クルマ
2009年 06月 02日

リフレッシュ

GT-RのサスペンションをNISMO製に交換しました。
Vスペックの脚はかなり硬めで荒れた路面ではけっこう跳ねていました。
そもそも10年以上経ってるのでブッシュ類は硬化して機能していないと考えるのが普通だと思います。
NISMOのサスは減衰力が調整できるので最もソフトに設定してもらい、アライメントも取り直しました。

結果、かなりしなやかに路面捉えられるようになり、不快な突き上げもほぼなくなりました。
車高もフロント3cm、リア2cm下がるらしくアイポイントもボクスターくらいになったと思います。
これでRV車と揶揄されることもなくなるでしょう(笑)
d0134940_1271220.jpg


オイル交換とかアライメント調整はちょっとしたことですが、その後走るのが楽しくなるほど
感覚的に変わったりしますよね。
当たり前ですが、日ごろのメンテナンスは大事だと再確認しました。

GT-Rともあと長くて2週間くらい、下手したら1週間で僕の手元を離れていきます。
今生の別れというわけではないですが、寂しい気持ちになってきます...
d0134940_1273084.jpg

[PR]

by dennis_bergkamp | 2009-06-02 01:27 | クルマ