駿河日記

wataru1978.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:映画( 7 )


2011年 02月 07日

Is greed good?

Gordon Gekko is back!

先日「ウォールストリート」を見てきました。

d0134940_1201134.jpg


1987年の「ウォール街」の続編です。

期待したほどのおもしろさはありませんでしたが
「まともにやってたら儲けられない。絶対に」
というのは再確認できました。

ゲッコーのファンなら見に行っても良いと思います。
マイケル・ダグラスはさすがなので^^
[PR]

by dennis_bergkamp | 2011-02-07 01:22 | 映画
2010年 09月 28日

Scent of a Woman

好きな映画ベスト3の1つに「セントオブウーマン」という映画があります。
もう何十回観たかわかりませんが、何度観ても感動する映画です。
その中の1シーンにこのようなセリフがあります。

I have come to the crossroads in my life.
私も何度か人生の岐路に立った
I always knew what the right path was.
私はいつもどちらの道が正しいかわかっていた
without exception, I knew,
例外なく判断できた
but I never took it.
だが、その道を行かなかった
You know why?
どうしてか?
It was too damn hard.
(正しい道が)途方もなく困難だったからだ


人間て楽な方に流れるもので、堕ちていけば際限がありません。
友人から、岐路に立っているがどうするべきか?
と意見を求められ、これが思い浮かびました。

ここは自分のことは棚に上げて、困難だと思う道を進むべきだと思う。
と言っておきます。自戒も込めて。


[PR]

by dennis_bergkamp | 2010-09-28 01:38 | 映画
2009年 07月 23日

Greed is right?

「ウォール街」という映画を観ました。1987年の作品です。
監督はオリバー・ストーン。
主演のマイケル・ダグラスはアカデミー賞を受賞しています。
他にはチャーリー・シーンとか懐かしい人が出てます。
ちなみに父親のマーティン・シーンも出ていて、作品中でも父子の関係です。
d0134940_222096.jpg

僕の友人にもGSやMSで働いている方がいて。(AstonやPorscheに乗ってます)
資本主義の極致はウォール街にあると思っていますが、それをうまく表現している作品だと思います。
マイケル・ダグラス扮するゴードン・ゲッコーのセリフは印象的です。

I think greed is healthy. You can be greedy and still feel good about yourself.
とか
I create nothing. I own.
We make the rules, pal. The news, war, peace, famine, upheaval.
The price of a paper clip.
とか
It's a zero sum game.
Somebody wins, somebody loses.
Money itself isn't lost or made.
It's simply transferred from perception to another like magic.
とか。

オリバー・ストーン監督は行き過ぎた資本主義に嫌悪感をいだいてこの映画を撮ったそうですが、
実際は「ゲッコーかっこいい!」という若者が多く、皆こぞってウォール街に入っていったそうです。
いろんな示唆に富んだこの映画。“highly recommend”です!
[PR]

by dennis_bergkamp | 2009-07-23 03:15 | 映画
2008年 09月 06日

ダークナイト

クリストファー・ノーラン監督の映画「The Dark Knight」を観ました。
d0134940_2351116.jpg

僕はノーラン監督が好きで、前作の「BATMAN BEGINS」も大好きな作品の1つです。
映画自体は「BEGINS」の方が好みでしたが、前作からの主張は一貫していました。
それは善とは? 悪とは?という問いです。
作品中に出てくるバットマンの敵役であるジョーカーは一般的にみれば極悪です。
正義を蔑み、幸福を嘲笑い、人が苦しむ姿を見ることに悦びを感じています。
またお金にも全く興味を示さず、ゴッサムシティを恐怖と混乱に陥れていきます。

そんなジョーカーがバットマンに向かってこんなことを言います。
「俺の目的はお前を殺すこと。ギャングの小銭を取り上げて正義面しているが、お前がいなくなれば俺はただのコソ泥にもどるだけ。お前が消えればチンピラ共がまた小銭を稼ぎ、市民は今までと同じ平和な暮らしができる。お前がいるから俺は光を浴びることができる。俺にはお前が必要なのさ」
d0134940_819291.jpg


ジョーカーはバットマンが正しいと思ってやっていることは、
実は一般市民には迷惑でバットマンのせいで市民や警察が何人も死んでいる。
ジョーカーとバットマンは同じ悪(モンスター)なのだといいバットマンを悩ませます。
善と悪は立場や見方ひとつで180°変わるもので、自分が良いと思ってしたことでも
他人にとっては実は迷惑なのかもしれない。
当たり前のことなのですが、忘れがちなことではないでしょうか。

他にもノーラン監督は、本音と建前、大衆は身勝手で愚かであること、幸せとは?
というテーゼをジョークを交えながら作品に織り込んでいます。

d0134940_823359.jpg

マジメぶってるとジョーカーに「Why so serious?」と嘲笑されそうなので、
最後にこれを紹介しておきます。 Lamborghini Murcielago LP640
バットマンでないときのブルース・ウェインが乗っています。
V12サウンドがカッコイイです! 「地味」ですけど(笑)
[PR]

by dennis_bergkamp | 2008-09-06 08:40 | 映画
2008年 06月 30日

ザ・マジックアワー

観てきました。かなり笑えます!
終始三谷幸喜監督の世界が拡がっていて、
僕はすでにTVのCMの段階からだまされていました。
色んな映画へのオマージュもテンコ盛りで名作旧作好きにはたまりません。
内容は割愛しますが、とにかく爆笑の135分でとても楽しめました^^
d0134940_0152935.jpg


話はかわって、先日カーグラフィックのイベント時の写真をセイウチさんから戴きました。
自分の運転姿の写真は照れくさいですが、なかなか見る機会がないので、
とても新鮮でした。
d0134940_0212311.jpg

セイウチさん、あらためてありがとうございました!
次回は暴風雨でも行きますのでよろしくお願いします。
(むしろ暴風雨を待ってる自分がいたりします・笑)
[PR]

by dennis_bergkamp | 2008-06-30 00:22 | 映画
2008年 04月 12日

Brangelina

「MR. AND MRS. SMITH」を観ました。(2005年公開)
映画ネタはいつも話題が古くてスミマセン...
d0134940_0422528.jpg


一言でいうと、「命懸けの夫婦ゲンカ」ってことになってしまうのですが、
殆どひねりのない直球勝負なストーリーでおもしろかったです。
深く考えさせられる映画も好きですが、こういう単純明快な作品は、
観賞後に不思議な爽快感に包まれ、心地好くなれます。

それにしてもBrad Pittはカッコイイですね!
当時41歳らしいですが、ただ若々しく見えるってだけでなく、雰囲気があります。
Angelina JolieもSexyって言葉がこんなに相応しい女性もいないでしょう。
アンジーは変わった性格らしく、世界で最も影響力のある女優の一人と紹介されています。
d0134940_19172.jpg

コイツチョットアタマオカシインジャナイ? ってくらいの人の方が、
おもしろいエピソードを持っていることが多いので好きだったりします^^
[PR]

by dennis_bergkamp | 2008-04-12 01:15 | 映画
2008年 01月 14日

プラダを着た悪魔

約1年遅れ、DVDで観る。
この映画は何らかの事情で劇場には観にいけなかった記憶がある。

独りでDVDを観るのは好きだが、映画館に独りで行く気はあまりしない。
そういう意味でいくと、真に映画が好きというわけではないのかも。
家でみるのと映画館でみるのでは感じ方も多少違うだろう。
d0134940_1448279.jpg

話を映画に戻す。
ストーリーの展開はシンプルでわかりやすく、テンポも小気味いいので飽きない。
ただ注目すべきは、やはり登場人物のファッション。
特に主役のアン・ハサウェイのキュートなこと!
普段キュートなんて言葉を使う機会がないので照れくさいが、
一番ぴったりな表現。 すっかりファンになりました。

d0134940_14471189.jpgd0134940_14472789.jpg






















ファッションはクルマ同様、その人の価値観を映す鏡。
好きな色、形、流行の取捨、etc...
オシャレとまではいかなくても、小ギレイにはしていたい。
外に出るときは。
[PR]

by dennis_bergkamp | 2008-01-14 14:52 | 映画